SNSで非日常を味わえる

現代において代表的なSNSと言えば、写真を中心としたコンテンツで若者からの圧倒的な支持を得ているインスタグラムや、ユーザーの年齢層は高いものの実名であることの信頼性があるFacebook、最も情報量が多く速報性も高いTwitterなどがあります。
それぞれに特徴のあるSNSですが、どれも非日常を味わえるという意味でとても楽しいです。

以前であれば政治家や芸能人だけが、個人の考えや趣味などの情報を発信することができました。
私生活を公開することが好ましいのかどうかは別として、今日の服装や食べ物、考えていることなどを気軽に発信すれば、多くの人たちからのリアクションが貰えます。

実際には遠く距離の離れた場所に住んでいたり、そもそもどこに住んでいるのか分からないような人たちから、様々なリアクションが貰えるのは、まさに芸能人のようなものです。
こんな楽しみを日常生活で得ることは、なかなか出来ません。

FacebookやTwitterでは情報を共有するシェアボタンがあり、多くの人たちに興味を持ってもらえた投稿は、次々と拡散されていきます。
インスタグラムの場合には少し考え方が異なりますが、やはり多くの人たちからのリアクションが貰えるという意味では、SNSの楽しみを十分に味わうことができます。

テレビや雑誌などのこれまでの娯楽では、情報が一方通行で受け入れるばかりですが、SNSの場合には双方向性がありますので、自分の投稿に対するリアクションを貰うだけでなく、他の人の投稿にも反応したりコメントしたりすることができます。
遠くに住んでいる人でも、近い存在に感じられるのがSNSの良いところです。

普段の自分自身の生活では、常に同じ会社の同僚や、学校の同級生たちとの交流しかなくても、SNSを使うことによって日本全国あるいは世界中に住んでいる人たちとの交流が楽しめるという非日常体験ができます。
自分に近いひとたちから得られる情報は、やはり自分も知っていることが多いです。
同じようなものに関心のある人たちが集まって、一緒に仕事したり勉強したりしているのですから当然です。
しかし、SNSでつながっている人たちとは全く生活圏や生活スタイルが違いますから、自分の知らない情報が次々と集まってきます。

スマートフォンを覗き込んでいるだけでは人生が楽しめないという高齢者からの批判があるものの、SNSによって知ることができる情報は増えていくばかりです。
非日常体験としてのSNSを積極的に楽しみたいものです。