• ホーム
  • Facebookは告知に最適なツール

Facebookは告知に最適なツール

FacebookはSNSの中でも最もビジネスに活用しやすいらしいと耳にしていても、個人アカウントのみで利用している人にとってはピンと来ないままということが多いです。
実際にビジネスに役立てている友人がいる場合に、個人ページとは別の仕事用のページが持てるらしいと気付きます。
そのビジネス用アカウントとも言うべきものがFacebookページで、基本的に個人アカウントでの広告宣伝が禁じられているFacebookで、個人の交流とは別にしてビジネスに活用可能なページとして設けているものです。
かつてはファンページと呼ばれており、その名称のほうが本来用途のムードに合っていた面があります。

Facebookページではさまざまな企業が自社ページを開設していますが、既に知名度の高い企業の場合ブランディング戦略というよりはファンを増やすといった目的で盛んに更新を行っています。
Facebookページは急遽開催されたキャンペーンなどの告知にも非常に便利な上ユーザーに使用してもらえるクーポンをページ上で発行することも可能で、お得感を高めて新規顧客の獲得やサービスの利用拡大につなげることができます。
個人事業を行っている人の場合は知名度を上げるためのセルフブランディングに非常に役立ち、製作過程などを発信して活動内容や作品を知ってもらった上で販売数を伸ばすなどの戦略にも使えるツールとなります。

いずれの場合もこまめに更新することで常にユーザーに気にかけてもらうことが重要になりますが、ビジネスに活用しようと焦るあまりに陥りがちなのが広告宣伝ばかりが目立った投稿になってしまうことです。
ビジネスツールだから当たり前と考えがちですが、宣伝が目立ち過ぎるとユーザーの心は離れがちとなるため見て楽しい写真や動画のほか日常の楽しい話題など、投稿の背後にビジネスでなく「人」の存在を感じさせる内容をメインにしたほうが好感度は高まるため、その感覚がつかめないと効果的な運用は難しくなります。
個人事業の知名度アップやイメージ戦略に使いたい場合は、有効活用に成功している企業ページなどを参考にすると良いと言われています。
営業を行っているビジネスマンの場合、個人アカウントのみで取引先の人とつながることで人と人との付き合いであることをさらに印象付けて、相手との交流を深める過程で良いきっかけをつかんで契約獲得を実現させるといった活用術も目立ちます。
Facebookは数あるSNSの中でもビジネスマンの利用が多いだけに、取引先のみならず異業種の人とも積極的につながることで人脈を広げて今後の展開にも役立てるといった積極性を持つ人が少なくありません。
SNSは現実と違ったゆるいつながりが魅力という向きもありますが、ビジネスに役立てたい場合は攻めの姿勢が肝心と言えます。